HOME>トピックス>歯並びを気にする人が多くなった時代に適応した治療方法

目立たない治療方法

東京で行う歯の矯正方法にはいろいろな方法が用いられるようになって来ました。一般的に行われる矯正方法がワイヤー矯正と言われる金属ブラケットを利用した方法です。ですがこの方法では矯正していることが誰にも判ることから、今気づかれにくい方法のインビザラインに人気が出て来ています。この方法は透明なマウスピースを口に咥えて矯正を行うことになり、目立つにくいことで人気の治療となっています。

マウスピースの便利さ

東京で行うインビザライン矯正では、ワイヤーやブラケットを使うことがありません。マウスピース型の矯正装置を咥えることで、歯を移動させる方法を取ることになります。このインビザラインの最大の特徴は透明マウスピースを使うことで、矯正をしていることがバレずに済むメリットが生まれます。

仕事をしていても気にならない良さ

働く人の矯正が多くなったことから、出来るだけ人目に晒すことを避けたいと考える場合が多くなっているようです。特に接客業に就く女性などは、口を開けることに抵抗を感じなく矯正を行いたいと考えると言われます。このように東京で接客業に就く人には最適となるのが、インビザラインの特徴でもあります。

痛みの少ない治療方法

東京の矯正歯科で行うインビザライン治療は、他の矯正治療より痛みが少なく済む治療として人気があります。一度に動かす距離が他の治療より短いことが、痛みを軽減出来る‎ことになるからです。長い期間の治療が必要な矯正では、痛みが少ないことも患者さんへの負担が少なく良い方法と考えられています。

広告募集中